資金調達・融資

理念と姿勢

代表者は信用金庫時代、下町の中小零細企業の融資を数多く手がけました。

バブル崩壊後、低迷が続く業界を担当していたこともあり、赤字企業・債務超過企業の対応に苦慮していました。

また、支店の判断・上司の指示等であったとはいえ、融資を断ったことで倒産・廃業に追い込まれた先も数多くあります。

その中には「あの時このようなアドバイスができていれば」等後悔する案件も多数ありました。

今は融資の決裁について直接断を下す立場ではない代わりに、相談のあった中小零細企業様に営業ノルマ等に左右されない公平中立なアドバイス・適切な判断を講じることができます。

調達の手段についても日本政策金融公庫・信用保証協会の保証を付けた銀行や信用金庫からの融資・銀行や信用金庫の独自のプロパー融資のアドバイスはもちろん、それ以外の調達の算段、そしてそのためのアドバイス・打ち合わせに時間を割いて多角的に密に行うことも可能です。

当時培った経験を活かし、相談があった中小零細企業がより良い条件で将来につながる融資の獲得が叶うよう「自発創生と包摂の心で豊かさを追求する」の理念のもとにサポートしてまいります。

金融機関の格付け対策はもちろん、金融機関の担当者が「ぜひこの会社を応援したい」と思うようになるエッセンスについても提供してまいります。

れいさいネット

最新コラム

最新動画

ラピッドSSL


Pマーク

PAGE TOP