コロナ関連特集コラム

高収益作物次期作支援交付金~藤沢市

高収益作物次期作支援交付金について

新型コロナウイルス感染症の影響により売上げが減少する等の影響を受けた高収益作物(野菜・花き・果樹・茶等)について、次期作における生産体制の強化等に取り組む生産者の方を支援する国の制度です。今回は、藤沢市で掲載されたものをご紹介します。

支援対象となる生産者

(1)令和2年2月から4月の間に、野菜・花き・果樹・茶について、出荷実績がある又は廃棄等により出荷できなかった生産者(領収書、納品書等が必要)

(2)(1)に加えて収入保険、農業共済、野菜価格安定対策等のセーフティネットに加入している生産者、又は加入を検討する生産者

なお、5月以降に出荷を開始した場合の支援対象については、今後の公募の際にご案内します。

 

支援内容

需要対応のための生産支援

次期作に前向きに取り組む野菜・花き・果樹・茶等・高収益作物の生産者に対し、種苗等の資材購入や機械レンタル等を支援します。

 

【交付単価】

10aあたり5万円(施設花き等:80万円、施設果樹:25万円)

 

【対象面積】

高収益作物の次期作において、下記の国が定める取組のうち、同一のほ場で2つ以上を実施する面積

ただし、同じ項目の取り組みの重複及びエとオの組み合わせはできませんので、ご注意ください。

 

【国が定める取組】

ア.生産・流通コストの削減に資する取組

(1)機械化体系の導入(購入、レンタル、リース(いずれも可))

(2)集出荷経費の削減に資する資材の導入(大型コンテナ、通い容器等の導入)

 

イ.生産性又は品質向上に要する資材等の導入に資する取組

(1)品目・品種等の導入(栽培技術の転換等)

(2)肥料・農薬等の導入(転換に必要な資材導入等)

(3)かん水設備等の導入(品質向上に必要な機器等の導入)

 

ウ.土づくり・排水対策等作柄安定に資する取組

(1)土壌改良・排水対策の実施(作柄安定に資する対策の実施等)

(2)被害防止技術の導入(作柄安定に資する資材の導入等)

 

エ.作業環境の改善に資する取組

(1)労働安全確認事項の実施(講習会の受講等)

(2)農業機械へ安全装置の追加導入、ほ場環境改善・軽労化対策の導入

 

オ.事業継続計画の策定の取組

  • 事業継続計画の策定等

  

需要促進の取組支援

新たな品種や新技術の導入等の取組を支援します。

   

【交付単価】

10aあたり2万円

 

【交付対象面積】

高収益作物の次期作において、国が定める取組のうち1つ以上を実施する面積

 

【国が定める取組】

ア.新たに直販等を行うためのホームページ作成等の環境整備

イ.新品種・新技術導入に向けた取組

ウ.海外の残留農薬基準への対応又は有機農業、GAP等の取組

  

取組の対象期間

令和2年4月30日から令和3年3月31日まで

  

交付金の申請に必要なもの

1.申請書

 

2.取組計画書

 

3.令和2年2月から4月までの間に高収益作物を出荷・販売したことが確認できる書類(領収書、納品書等)

 

4.取組面積が確認できる書類(営農計画書、固定資産税の課税明細書等)

 

5.印鑑

 

また、提出の際に取組内容について、具体的に聞き取りをおこないます。

 

当該事業は国庫を伴う事業のため、作成した書類はコピー等複製のうえ、ご自身でも保管してください。

 

提出された申請書をもとに、計画の審査等、承認に必要な事務手続きが行われますが、申請された内容の一部、又はすべてが承認されないケースがありますので、ご了承ください。

  

書類の配付場所・提出場所

1.藤沢市農業再生協議会(藤沢市役所農業水産課)

再生協議会に提出する申請書及び取組計画書については、下記からダウンロードすることもできます。

2.さがみ農業協同組合でも受付を予定していますが、現在調整中です。

   

提出期限

2020年(令和2年)7月17日金曜日(必着)

今後、追加の公募が予定されています。

詳細が示されましたら掲載します。

   

お問い合わせ

藤沢市農業水産課(ページ下部に連絡先等を記載しています。)

さがみ農業協同組合藤沢地区運営委員会事務局(0466-45-4118)

PAGE TOP