コロナ関連特集コラム

新規創業事業者応援給付金~久喜市

新規創業事業者応援給付金について

新型コロナウイルス感染症の拡大により、経営の安定が難しい新規創業事業者の事業継続を支え、事業全般に広く使える資金として給付金を給付します。

久喜市新規創業事業者応援給付金チラシ(PDF:175KB)

申請期間

令和2年7月31日(金曜)~令和2年10月30日(金曜)必着

  

主な給付要件

次の要件をすべて満たす方が対象です。

  

  • 平成30年4月1日から令和2年4月30日の間に開業した中小企業・小規模事業者。
  • 市内に事務所または事業所を有すること。
  • 今後も事業を継続する意思があること。
  • 申請時点において、市税の滞納がないこと。(納税の猶予の特例対象者を除く)
  • 令和2年2月以後の任意1か月の売上が令和2年1月以前の任意1か月の売上と比較して減少していること、または令和2年2月以後に開業していること。
  • 久喜市緊急中小企業・小規模事業者事業継続給付金の給付を受けていないこと。
  • 暴力団関係者、政治団体、宗教団体、風俗営業でない事業者。

  

給付金額

1事業者あたり 20万円

  

要綱

久喜市新規創業事業者応援給付金給付事業実施要綱(PDF:131KB)

  

申請書

申請書兼請求書(様式第1号)(Word:20KB)

申請書兼請求書(記入例)(PDF:264KB)

売上表(様式第2号)(Word:20KB)

売上表(記入例)(PDF:259KB)

  

添付書類等

申請時に必要な添付書類添付書類等書類の種類

〇市内で平成30年4月1日~令和2年4月30日の間に開業したことがわかる書類

・履歴事項全部証明書の写し(法人の場合)
・開業届の写し
(個人事業主の場合) など

  

〇売上表(様式第2号) 

  

〇令和2年2月以後の任意1月の売上が令和2年1月以前の任意1月の売上高と比較して減少していることが分かる書類
〇令和2年2月以後の売上高が分かる書類(令和2年2月以後に開業した事業者)

・会計ソフトから出力した帳簿
・エクセルで作成した帳簿
・手書きの台帳の写し など

  

〇振込先の金融機関口座が分かる書類

・金融機関、支店名、預金の種類、口座番号、口座名義が確認できる部分の写し

  

申請及びお問い合わせ先

新型コロナウイルス感染症予防のため、原則郵送にて下記の住所に送付してください。
〒346-0192 久喜市菖蒲町新堀38 久喜ブランド推進課 あて
電話 0480-85-1111

PAGE TOP